ばっしーのアウトドアdays☆+°

登山と自転車と沢登りを少々

【準備編①】ルートの決め方・新幹線予約〜しまなみ海道〜四国一周チャリ〜

f:id:meg_smr7:20170527205357j:plain

今回は2017年のGWにしまなみ海道〜四国一周を自転車で回った際の準備等についてまとめたいと思います。

 

コース概要

しまなみ海道尾道からスタートして、四国を反時計回りし、高松から直島経由で船で抜けるルートで設計しました。自転車での走行距離は合計で約670kmです。

f:id:meg_smr7:20170528230036j:plain

<コース詳細>
1日め:東京⇒福山→尾道今治(約72km)
2日め:今治伊予長浜(約86km)
3日め:伊予長浜〜江川崎(約90km)
4日め:江川崎〜高知(約124km)
5日め:高知〜室戸(約80km)
6日め:室戸〜日和佐(約84km)
7日め:日和佐〜引田(約92km)
8日め:引田〜高松→直島→宇野(約41km)
9日め:宇野→岡山⇒東京
※「⇒」は新幹線、「→」は鈍行orフェリーでの移動

 

コースの決め方、決める際に参考にしたもの

コースの決め方はどういう旅をしたいかのスタイルによりますが、私たちの場合は1日100kmを目安に、テント泊で観光もしながら回るキャンプツーリングという前提でルートを設定しました。

最初にネットで検索して四国一周に関する記事やブログを読み漁りました。その中で、最初のざっくりとしたルート決めですごく役に立ったのがこちらの「サイクリングルートマップ」です。
https://www.pref.ehime.jp/h30600/documents/allaroundshikoku.pdf

メインルートやサブルート、上級者ルート等、距離もあわせて記載してあるので、こちらでざっくり1日あたりの距離が80km〜120kmになるように目的地を決めていきました。
※ちなみに公式?四国一周1000kmルートもあります。

そしてざっくりしたルート設定の後に役立つのがこちら、「ツーリングマップル 中国・四国版」!!!

f:id:meg_smr7:20170605232711j:plain

本来はバイクツーリング用の本になるのですが、道の情報満載&温泉情報、キャンプ場情報も満載で、これ1冊あればだいたいなんでも分かっちゃう魔法の本なのです!!!↓中身はこんな感じ↓ すごく便利!

f:id:meg_smr7:20170605232800j:plain

最初にざっくり決めたコースとツーリングマップルを照らし合わせて、出発地、ゴール地点を具体的に決めていきます。私たちの場合は、テント泊を前提としていたので①温泉がゴール地点付近にあること、②キャンプ場が近くにあるとなお良し、という条件で最終調整していきました。 キャンプ場がない場合はその辺で野宿する予定で計画を立てました(笑)

また、コースに関しては時計回りが一般的な様ですが、時計回りの方が楽だ、ということは特になく、昔は徳島出発徳島ゴールの人が多かったためなようです。私たちは最初にしまなみ海道でテンションを上げて、反時計回りで最後に直島をご褒美観光として入れるプランにしました。天気もずっと晴れるか分からないので、いざという時は直島観光をスキップすれば約1日分バッファができるようなプランというのもミソです。

↓購入はこちらから↓

ツーリングマップル中国・四国(2017)

価格:1,944円
(2017/8/20 16:27時点)
感想(1件)

 

新幹線の予約、輪行について

コースを決める際にもう1つ重要になるのが、新幹線の予約です。GW という繁忙期×自転車という大荷物。できれば最後列の席で座席後のスペースに自転車を収納したい…。そんな方はえきねっとの事前受付を活用しましょう!
えきねっと(JR東日本)|トップ:新幹線予約 びゅうツアー 鉄道グッズショッピング 現地観光プラン ポイント

新幹線のチケットは乗車日の1ヶ月前の10時〜発売されますが、そのさらに1週間前から事前受付を申し込むことが可能です。働いていて1ヶ月前の10時頃に申し込むのが厳しいという方はぜひご活用ください。私たちの場合だと直前にそのことを知り、チケット発売日当日の朝7時頃(笑)に事前受付を申し込みをしましたが、第1希望の席(最前列or最後列で横並び2席)が予約できたので、事前受付を使えばだいたい希望通りの席が取れるのではないかと思います。※ちなみに座席の指定は「最前列or最後列」か「それ以外」かでしか選べないようです。つまり最終的に最前列か最後列かは運次第になってしまいます。


行に関しては運良く最後列の席を確保でき、自転車を快適に収納することができました。※といってもこのスペースに2台は入らなかったので反対側の座席後ろスペースにも置かせていただきましたm(_ _)m

f:id:meg_smr7:20170609221801j:plain

 

▼その他準備関連記事はこちらから▼